特殊コーティングの種類と目的

特殊コーティングの種類と目的

ロックウェル型硬度計
ロックウェル型硬度計

これらは通常メッキする特殊なタイプの表面処理です。詳細については、お問い合わせください。

アルミニウムの陽極酸化

陽極酸化後のアルミニウム表面は、元の段階に比べて硬くなります。処理された表面は一種の腐食防止コーティングである単一のイオンから成ります。アルミベースが化成処理で処理されると、複数の色を選択できます。

パウダーコート/パウダーペイント

防錆、装飾、腐食防止

DACROMET&GEOMET

防錆力に優れた粉体塗料の用途拡大の一つ。

ホットディップガルバナイズ

HDGは主に外装鋼製品に適用され、厚い層と優れた防錆能力を持っています。

黒色酸化物

加熱された黒色酸化物は、鋼材をアルカリ溶液に浸して加熱するコーティング工程です。鋼の表面は、耐摩耗性と防錆性のある処理後のFe3O4層で覆われています。黒色酸化物で処理された部品は、耐摩耗性と防錆レベルを向上させるために、しばしば軽油が塗られています。

化学コーティング(無電解)–無電解ニッケル

電力を使用しないことが最も重要な利点です。無電解ニッケルは、金属製品と非金属製品の両方に適しています。一貫した制御された温度の下での連続的な化成コーティングにより、各パーツのコーティング層の厚さは、一貫性があり、密着性があり、耐腐食性と耐摩耗性があります。無電解ニッケルコーティングは、一定の層厚により、止まり穴のある製品、長いシャフト、精密製品に最適です。

関連製品


プレスリリース